葬儀は家族のみ・・・最近増えている家族葬

葬儀は家族のみ・・・最近増えている家族葬

今、葬儀を家族やごく近しい人のみで行う、家族葬というものが増えてきています。 葬儀といえば、普通は親戚、知り合い、近所の人・・・と、色々な関係先に連絡するのが普通です。 しかし、今はお金をかけず、また故人を静かに見送りたいという思いから、家族のみの葬儀が多くなっているのです。 しかし、家族葬にはデメリットもあります。 葬儀を知らなかった!お参りさせてほしいと、後から後から家に人が訪ねてくるのです。 ただでさえ忙しい葬儀後。訪問客が絶えないとなると、遺族は休むことができません。 葬儀では、家族も知らなかった故人のつながりがわかることがあります。 特に、離れて暮らしていたお年寄りなどです。 葬儀はそのお友達にとっても、故人を偲ぶ大切な機会なのです。

葬儀の返礼としての香典返し

葬儀の際、香典をいただいたのならば、きちんとその返礼を行わなければなりません。 一般に香典返しと呼ばれるそれは、葬儀が終った後、たとえば仏式ならば四十九日の法要が明けたのちに、お返しの品に礼状を添えて贈ります。香典返しは忌が明けたことを、葬儀に参加してくれた方々へお知らせする意味も含まれていますので、香典を辞退した葬儀で無い限りは必ず贈るようにしましょう。 香典返しの相場に関してですが、およそいただいた香典の半額の品でお礼するのが通例となっています。 近頃では、あらかじめ葬儀に際して香典返しを準備しておき、葬儀当日にそのまま返礼を手渡しする即日返しも増えてきましたが、香典との金額面での不釣合いが生じた場合は、再度そののちに相場に見合った香典返しの品をしっかりと贈るようにした方が良いでしょう。

 

 

Blog

Calendar