任意売却とはどのような事か

任意売却とはどのような事か

任意売却という言葉を聞いた事がある方もいると思います。
任意売却とは不動産を購入する為に消費者金融などからお金を融資してもらったのですが、ローンの返済が困難になってしまって、手続きに基づいて不動産を売却する事を言います。もう少し任意売却の事を簡単に説明すると、住宅ローンで不動産を購入しましたが、ローン返済が難しくなり、不動産を売却するという事です。任意売却の事を理解しておくことによって、住宅などを手放す時に検討する事ができるようになります。
不動産を手放す時は、様々な理由があり、人によってその理由は異なっています。その時は任意売却を行う事で、納得した状態で不動産を手放す事ができるようになるはずです。

 

競売よりも任意売却のほうがお得

任意売却という言葉を知っていますか。
住宅などを購入する際、多くの人が銀行などから融資してもらいローンを払っていくという形をとります。そのローンが払えなくなってしまった場合に、購入した住宅や不動産を売却することを、任意売却といいます。
任意売却が競売と違うのは、その手間や手数料がかからないという点です。競売は債権者による強硬手段ですが、任意売却は任意という言葉が入っているとおり、債務者によって行われるものなのです。
また、任意売却での販売は、競売と違って一般の不動産販売と同様に行われるため、売却価格も相場より少し下がる程度で、競売のような叩き売りにならないことが多いです。競売か任意売却かなら、絶対に任意売却のほうが得なのです。

Blog

Calendar